学校では教えてくれないお金の知識

生活に関わるお金の事を中心に書いてます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

転職先はブラック濃厚な気がします 

まずは、今回の資産減少額を計算すると・・・
200万程減ってる計算になります
これは痛い。。。

逆に救いなのが、転職活動で経歴が評価された事
都内の介護業界は、超人手不足なので経歴はあまり関係ないですけどね
ちなみに既に働いてて、8月の給料も既に受け取っています
但し、多分ブラック企業
理由としては

■雇用契約書が無い
周りもそんな書類は存在していないとの事
この会社大丈夫??
パートさんがあるみたいです

■タイムカードも存在しない
こちらもパートさんのタイムカードはあります

■休日は最低限の休日数
大丈夫、前の会社みたいに休暇はあっても有給が使えない
というケースもあるから、と言い聞かせてみる

■残業代
多分残業代は期待できないだろうなぁ、と予想
ここはメリットで書きますが、あまり問題にはなりません

■年収ダウン
前職は380か390万程、これが350万程になりました


逆にメリット

●親会社採用
良くあるのが、大企業が子会社で介護事業を始めて、福利厚生は最低限というパターン
今回は子会社では無く、上場企業の親会社採用なので福利厚生が少しだけUP

●福利厚生
確定拠出年金の企業型に加入
今は401k個人型に加入していますが、今後は会社が支払ってくれます
あとは持株会くらい
あまり詳しくは書けませんが、自社株購入の約10%程補助金が出ます

●役職待遇
前の職場で言えば、4段階分昇進しました
施設立て直し要員なので、素の状態を見る為に
最初の数カ月は一般職で周りにも知らせない事を前提に入社しています
なので給料は一般職の金額
でも、まさか雇用契約書が無いとは・・・
サービス残業が問題ないと言うのは、管理職手当で残業代が無くなる為です


何が一番キツイかと言えば
「夜勤が無い事」
日勤ばかりだと体が持ちません。。
( 2014/08/28 20:46 ) Category 介護 | TB(0) | CM(0)

介護の費用(特養、有料、訪問) 

介護にはどのくらいの費用がかかるのか?
私には全部説明するのは無理なので、大まかに分けてみます


①特別養護老人ホーム
費用が有料老人ホームと比べて安いです
具体的にいくらかかるのかは、世帯年収や介護度でも変わるのですが
私の年収なら月10万円以下になりそう

ニュースでもやっている通り、待機者の数が多く
23区内なら待機者が1000人超えは珍しくないかと思います
これは先着順では無く、介護度が高い方が優先
あとは・・・生活保護の方が多い


②有料老人ホーム
一般の老人ホーム、ワタミとかやってるのは、ここに該当します
入所一時金が数百~数千万円
月額20~30万円
といった所でしょうか
安い所程埋まります

①の特養に入所する為に、一時的に利用される方もチラホラ


③訪問介護
今国が最も力を入れているのは在宅
でもヘルパーさん足りてません
介護度5で25万円近くまで使えるはず(1割負担)
でもMAXまで使うのは、ヘルパーさんが足りないしキツイんじゃないだろうか??
奥さんに介護任せて放置、とかだと離婚覚悟しといた方が良いです


あとは老健とか小規模多機能とかGHとか色々あるけれど
どれもお金はかかります
( 2014/06/04 20:53 ) Category 介護 | TB(0) | CM(2)

介護の費用は大きなリスクになります 

私は介護職なので、全く介護に接していない方よりは
多少介護保険についての知識もあります
今回は介護の話


今後のリスクに備えるためにも、人生設計を考える事は良い事ですが
一般的には
・結婚
・子供
・マイホーム
・車購入
みたいな、特にお金に関する山場を想定していくと思います

その中で、親の介護に対するリスクを組み込んでいる方は少ないと思います
実は私も「まだ大丈夫でしょ」と殆ど考えていないのが現実
でも実際に介護で苦しむ方をそれなりに見ているので・・・

はっきりと言ってしまえば、介護程格差が存在します
お金さえあれば問題無い訳です
高額ですがお金さえ払えば有料老人ホームに入れる訳ですから


最近行方不明の認知症が年間1万人というニュースもありました
あとは、認知症の家族が徘徊して線路で事故
家族に監督責任があるとして、地裁で700万近く、高裁で400万近くの賠償判決も出てます
他人事では無いって事ですね

今後格差は広がっていきます
まだまだお金を持っている高齢者は多い
でも徐々に、お金持ちと貧乏世帯の格差は広がっていきます

あとは子供の多さも関係しますよね
3人兄弟ならば、費用も3等分できるかもしれません
1人っ子世帯も増えつつある今、負担も大きくなります

続く


( 2014/06/03 20:38 ) Category 介護 | TB(0) | CM(2)

第26回介護福祉士国家試験、ボーダーラインは・・・ 

そう言えば今日は介護福祉士の国家試験試験日(第26回)


毎年試験後は

「今年の試験のボーダーラインは何点ですか?」

という書き込みが良く見られます


答え・・・分かりませんφ(.. )


受験者の平均点や問題の難易度に左右されます

問題に不備があって全員正解の問題があると、ボーダーも上がったり等々

近年の介護福祉士国家試験のボーダーラインは

69点~82点


第20回:82点・・・確か不備が有る問題が複数あったような

第21回:76点

第22回:75点

第23回:71点・・・この年から出題方法が変更の影響で平均点下がる

第24回:75点

第25回:69点


待つしかないんですよね。。。

ネットの掲示板はあんまりあてになりません

自己採点が良くて地震のある人が書き込む傾向があるので


管理人が受験したのは第23回でボーダーは71点

掲示板では

「今年は簡単だからボーダーライン80点は超えるはず」

「自己採点85点、これはもうダメかも」

こんな感じの書き込みが目立ちました


第27回、つまり来年から研修が必須になると思ってたけど

正しくは第28回(平成28年1月末が試験日)からとの事

なので、来年の受験が旧制度の最後になる?で合っているのかなぁ?


ちなみに最も多いと思われる実務経験で受験する場合


■現在

・実務経験3年+筆記試験+実技試験(管理人が受けたのはこっち)

・実務経験3年+筆記試験+実技試験免除の講習(32時間)

のどちらか

講習費用は5~6万円くらいでかなり厳しいらしい


■第28回から

実務経験3年+筆記試験+実務者研修

実技試験が無くなりましたが、実務者研修の時間が

・無資格者→450時間
・H2級取得者→320時間(最も多いパターン)
・H1級取得者→95時間
・介護職員基礎研修修了者→50時間

通信もあるんだろうけど、費用は20~25万円程


以上の様に変更になります



待遇が変わらないのに、資格取得だけ厳しくされても・・・

パートで働いてる人で、受験しない選択肢を取る人が増えそう

介護系で唯一の国家資格ですが、介護福祉士は名称独占資格です

独占できる務はありません

一部を除いて必須じゃないんですよね


受験できる方は確実に合格を目指しましょう



そういえば介護職員基礎研修って廃止になったんですね

全然知らなかった。。。

この業界、訳の分らん認定資格や公的資格が多すぎる

( 2014/01/26 20:58 ) Category 介護 | TB(0) | CM(0)

介護福祉士の研修(H2で320時間)どうする? 

たしか来年か再来年から介護福祉士の資格を取得するには、研修が必要になったはず

結構迷走している感じですが、前の会社では一切話が無かったけど、どうするんだろう?


分からない方の為に、簡単に介護福祉士の取得について説明


■昔

福祉系の学校を出るだけで、国家資格である介護福祉士を取得出来た時代

実務経験は今と変わらず、3年で受験資格を得る事が出来る


■今

福祉系の学校を出ると、介護福祉士の受験資格を得る事が出来る

無条件じゃなくなった訳です

実務経験コースは特に変化無しで、実務3年で受験資格を得る事が出来る


■これから

これまでの受験資格に加え、実務者研修を受ける必要があります

研修の時間は以下の通り

・無資格者:450時間

・H3級修了者:450時間

・H2級修了者:320時間

・H1級修了者:95時間

・介護職員基礎研修:50時間



ちなみに、今まで見た感じだと一番多いのは

「ヘルパー2級を取得してから介護業界へ、実務経験3年で介護福祉士の試験を受験」

このパターン

管理人同じでH2修了後に実務経験コースでした、つまり320時間の研修に該当


でも調べてみたら通信もあるみたいだし、さほど日程には苦労しないのかな

実務者研修を受講したら、実務も免除されるのだろうか?

一番痛いのは受講費用かもしれない

H2取得者は受講で約10万ちょっとかかる

加えて受験費用で1万くらい

試験合格後の登録費用で2万円くらい(無駄に立派な資格証が送られてくる)


得られるのは、前の会社の場合月5000円の手当と1万円のお祝金・・・

前の前の会社は月3000円の手当のみ・・・



介護福祉士は足りていません

施設系だと半分以上は、介護福祉士の資格を取得していない所が多いと思います

更に壁を高くして、それに対する見返りは殆ど期待できない

せめて加算以外にもう少し見返りが欲しい所

( 2013/12/08 19:40 ) Category 介護 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

猫村たま

Author:猫村たま
貯蓄・節税・投資・節約・猫様が好きな30代前半のブログ
ブログ6年目になりました

お金関係は以下ブログに移転
良い家計のお金、悪い家計のお金

2014年5月
アメブロからFCブログへ引越

猫村家の家計管理法
保有資産

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。