学校では教えてくれないお金の知識

生活に関わるお金の事を中心に書いてます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

確定申告が終わって住民税額確定 

副業の確定申告が完了


昨年の売上自体は過去最悪の状況

ほぼ放置しているのが現状なので。。。

実質の収支は黒字をキープしてます



■本業のサラリーマン

有給消化で出勤しない月もあったけれど、退職日自体は12月

なので、あまり前年度と変わらない額面

税込み年収370万

都内の介護職なら平均より少しだけ高い感じでしょうか

相方の額面の方が高い。。。


■副業の個人事業主

入金のあった売上は120万程

全盛期の8分の1くらいですね

前期と比べて200万程減ってる形

色々と経費を差し引くと帳簿上は40万近い赤字になります

・家賃

・携帯代

・電気代

等々を按分で参入したのがそのまま適用された感じでしょうか

経営セーフティ共済や401Kとニート時代の国民年金後納も含まれてます

多分過去最高の赤字額?これまで3万円の赤字が一回あっただけなので


携帯コンテンツはアプリに押されて厳しい状態が続いてます

webはスマホにも対応させてますが、アプリとなると費用もかかるしなぁ・・・

クリック保証のASPも、吸収や合併で姿を消してきてますね


■法人

今年から稼働なので、昨年度の給与支払いは無し


これでどうなるのかと言うと

税金が大幅に減少されます

サラリーマンの給与で天引きされていた所得税が約9万円

実際の所得税は副業の赤字が損益通算されるので25000円程

65000円が還付金として戻ってきます


あとは住民税

毎月14000円程天引きされていましたが

これが毎月4000円程になります

自分の会社なので、もう給料から天引きの特別徴収でいいですね




良く雑誌とかである

「開業届を出して副業を赤字申告、サラリーマンでも無税に」

これは実質不可能に近いかと思います

黒字申告ならまず同業者とかでも無い限りバレる事は無いでしょう

・給料の住民税は天引き

・副業の住民税は普通徴収で支払い

こうなるだけ


これが赤字になると非常にめんどい

給与所得の住民税を普通徴収で払うのは、経理にお願いしなければなりません

となると、一番良いのは副業の黒字を、可能な限り小さい数字で出す

ここが一番上手く収まる終着点



副業で個人事業主だと、やれる事はサラリーマンとさほど大差ないんですよね

例えば「小規模企業共済」には加入できないですし

管理人の場合は、経営セーフティ共済で収益の調整を行ってました


逆にメリットは、社会保険に加入できる事

副業で1000万稼ごうが、健康保険や雇用保険の金額は変わりません


ただやってみる分にはお勧めします

これまでつまならいと思ってた生活が一転して、面白くなる!・・・はず

関連記事
( 2014/03/01 20:33 ) Category 副業 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

猫村たま

Author:猫村たま
貯蓄・節税・投資・節約・猫様が好きな30代前半のブログ
ブログ6年目になりました

お金関係は以下ブログに移転
良い家計のお金、悪い家計のお金

2014年5月
アメブロからFCブログへ引越

猫村家の家計管理法
保有資産

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。