学校では教えてくれないお金の知識

生活に関わるお金の事を中心に書いてます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

確定拠出年金(個人型401K)で節税 

確定拠出年金、所謂401Kに加入しています

本業が会社員なので個人型ですね

会社員で加入する場合、最高で月額23000円まで積み立てる事が出来ます


仕組みとしては、毎月お金を積み立てて自分で投資して

将来の年金として受け取る為に運用する

運用は怖いと言う方もいると思いますが

それならば定期預金に投資すればリスクはほぼ0



メリットは節税に効果がある点

掛金は全額控除されます

全額控除なので、生命保険控除や個人年金保険とは比べ物になりません

年収400万円のサラリーマンの場合、恐らく課税は住民税と所得税で15%

なので23000円積立たとして、年間4万円の節税となります

(実際は税金の先送りに近い)


感覚としては、定期預金に23000円毎月積み立てて

国から4万円補助される

こんな感じ

そこに利息等の運用益が追加されます


利息に関しても運用益は非課税です

定期預金でも利息の20%は税金として取られますが

401Kは非課税の為課税されません



逆にデメリット

60歳以降しか受け取る事はできません

その為流動性は低い


加入するには会社が企業年金を行っていない証明が必要となります

401Kは一般的な知名度は無いので

「何ですかこれ?」

となる可能性は高い


投資である以上リスクも存在する



個人年金保険と違って、ある程度はインフレにも強いです

当然ポートフォリオ次第ですが・・・

でも過去の日本は1年定期でもインフレに対応できているデータもあるので

ハイパーインフレにならなければ大丈夫



もう少し細かいシミュレーション

年収400万円の独身サラリーマン

課税所得は150万で所得税5%、住民税10%の課税

積立金額は23000円、年間で276000円

全て利息0.1%の1年定期預金に投資


この場合、年末で276000円の定期預金資産が出来ます

年末調整で還付金13800円が戻ってきて

来年の住民税が27600円(月額2300円)少なくなる


※1年定期の利息は金額が小さすぎる為計算には含まず



関連記事
( 2012/12/20 18:41 ) Category 節約方法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

猫村たま

Author:猫村たま
貯蓄・節税・投資・節約・猫様が好きな30代前半のブログ
ブログ6年目になりました

お金関係は以下ブログに移転
良い家計のお金、悪い家計のお金

2014年5月
アメブロからFCブログへ引越

猫村家の家計管理法
保有資産

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。