学校では教えてくれないお金の知識

生活に関わるお金の事を中心に書いてます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

老後のシミュレーション 

このまま60歳になって定年を迎えると

公的年金は月額11~12万円

1人暮らしではまず厳しい、2人なら何とかやっていける金額

それでも資産0の状態だと無理でしょう


ここで考えるべき問題は、その時に1人だったらどうするのか?

今よりも受取額も下がるだろうし、年齢の引き上げも確実にある

30年後の話だけど、30年前から準備をすれば1年辺りの負担も軽くなります


■資産

高齢という事もあり、賃貸よりも持家の方が安心

現役世代のうちに、リフォームをして30年くらいは大丈夫な状態にしておく


そして現金に関しては5000万円あれば可

年間100万円で30年、これで3000万

残りの2000万は何かあった時の為のお金


■年金

公的年金は厳し目の数値で、今の半額の月5万と過程

あとは確定拠出年金、これは元本で約800万円

個人年金があるともっと楽になる


・30歳

確定拠出年金スタート

資産1000万円


・40歳

終身個人年金加入

資産3000万


・50歳

必要に応じて確定型個人年金を追加

老後の準備を始める、家を2000万で現金購入

資産3000万


・55歳

老後の準備を本格的に行う


・60歳

現金5000万

多分まだ働くと思うけど、確定拠出年金を10年間給付開始

個人年金の確定型給付開始

個人年金の終身型給付開始



このシミュレーション適当すぎるだろー(;´Д`)

これなら1人でも何とかやっていける

ただ老後のシミュレーションを立てにくいのは物価の予測ができない点


今後はインフレになるのか、それともデフレが続くのか

そもそも日本が存在しているのか、誰にもわかりません


問題はインフレ

公的年金が優秀な理由は、物価スライド制という点

個人年金の場合、今支払っている1万円が、30年後も同じ価値とは限らない

そこが躊躇してしまう問題点なんだよなぁ・・・


最も簡単なのは相手見つけて結婚する事(;´ω`)

2人ならなんとかなるでしょ~

関連記事
( 2012/03/20 18:17 ) Category 年金 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

猫村たま

Author:猫村たま
貯蓄・節税・投資・節約・猫様が好きな30代前半のブログ
ブログ6年目になりました

お金関係は以下ブログに移転
良い家計のお金、悪い家計のお金

2014年5月
アメブロからFCブログへ引越

猫村家の家計管理法
保有資産

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。