学校では教えてくれないお金の知識

生活に関わるお金の事を中心に書いてます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

介護の夜勤専門というお仕事 

休日のたまです(・∀・)


介護施設で夜勤専門として働いてもうすぐ3年

良く言われるのは

・体キツクない?

・大変だよね

等々・・・


夜勤の方が好きで夜勤専門になっているので当然ですが


夜勤の方が楽です


■メリット

1、自由な時間が多い

業務さえこなしていれば他の時間は自由

副業のデスクワークも会社に持ち込んで暇な時間にやってます

(就労規則には違反してますが・・・)

日勤よりも人員は少ないので、やるべき仕事量も減ります

自分のペースで仕事できますね


2、通勤回数が減る

22日出勤だった場合、日勤だと自宅と会社を22回往復します

夜勤は1回の勤務で2日分なので11回で済むんですね

仮に

夜勤明け夜勤明け

と連続で勤務をしても、夜勤と夜勤の間は24時間以上も間隔があります


3、お金を使わない

仕事の終わりにどこかのお店へ・・・

なんて事はありません

夜勤入りの日はギリギリまで寝てますし

夜勤明けの日は帰ってすぐ寝ます

夜勤1回(2日分)で使うお金は高くて1500円

1日計算750円


4、夜勤手当

1回3000円だとしても10回入れば30000円

結構大きいです


■デメリット

1、配属フロアによっては激務

寝たきりの方が多いフロアの方が楽

定排の時間は決まっていますが、自分でペースでできますから

問題はNC頻回の利用者さんが多いフロア

更にセンサー反応も混じってとんでもない事に

NCの幻聴が聞こえたり、ノイローゼ気味になります、ホントに


2、実は体には負担がかかる

昼夜逆転の性格ですからねー

普通に働くよりも10年寿命が短くなる。とDrにも言われました


3、同居や家庭を持っていると厳しい

生活の時間帯が正反対なので、時間が合いません

不仲の原因にもなります


副業でアフィリとかやっている人には向いているかも

関連記事
( 2010/10/02 04:03 ) Category 介護 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

猫村たま

Author:猫村たま
貯蓄・節税・投資・節約・猫様が好きな30代前半のブログ
ブログ6年目になりました

お金関係は以下ブログに移転
良い家計のお金、悪い家計のお金

2014年5月
アメブロからFCブログへ引越

猫村家の家計管理法
保有資産

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。