学校では教えてくれないお金の知識

生活に関わるお金の事を中心に書いてます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

同棲・結婚の家計管理は袋分けが有効 

家の家計は良く雑誌でも紹介されている

袋分け

で家計の把握をしています


例えば食費を月3万円とした場合

予め3万円を食費封筒に入れておきます

スーパーで買い物した時は、領収書と交換で清算、つまりお金を取り出す

3000円の買い物をした時は、3000円の領収書を封筒に入れて

3000円分の現金を取りだす

こういった形

会社の経理での清算と同じですね


利点としては、買い物時にどちらの財布からお金を払っても

結局は清算されるので同じ

どっちが払う?って事にはなりません


同じ様に家計の支出は封筒をいくつも用意します

・家賃

・水道光熱費

・雑費

等々


メリットは

①家計の透明化

②家計の把握

家計簿を付けなくても、支出項目や支出額を把握できる事


家の場合は給料日~給料日で〆

余ったお金は翌月分の繰越金として、調整費として仕様

年度末で一旦〆て、最初に出した比率で配分して完全清算

と自分達で使いやすいようにしています

収入に差がある方は7:3とか6:4とかで分けても良いかも


来年1月の家計配分

・家賃53000円

・食費3万円

・水道高熱1万円

・CATV6400円

・猫様5000円

・雑費5000円

・各種積立3万円

・貯金6万円

これで1人辺り99700円

給料日に用意して、各袋に入れる事になります


401Kの23000円は口座引き落とし

携帯代は各自で支払う


同棲である以上、自由にできるお金がかなり多め

これで@7~8万円が自由に使えるお金、つまりお小遣いですね

ボーナス年間予想100~120万ですが、これは全額貯金

最初から無い物として考えます



考えてみると生活費の殆どを手取りの25%くらいで賄えるので凄いかも





スポンサーサイト
( 2012/12/23 17:40 ) Category 節約方法 | TB(0) | CM(0)

確定拠出年金(個人型401K)で節税 

確定拠出年金、所謂401Kに加入しています

本業が会社員なので個人型ですね

会社員で加入する場合、最高で月額23000円まで積み立てる事が出来ます


仕組みとしては、毎月お金を積み立てて自分で投資して

将来の年金として受け取る為に運用する

運用は怖いと言う方もいると思いますが

それならば定期預金に投資すればリスクはほぼ0



メリットは節税に効果がある点

掛金は全額控除されます

全額控除なので、生命保険控除や個人年金保険とは比べ物になりません

年収400万円のサラリーマンの場合、恐らく課税は住民税と所得税で15%

なので23000円積立たとして、年間4万円の節税となります

(実際は税金の先送りに近い)


感覚としては、定期預金に23000円毎月積み立てて

国から4万円補助される

こんな感じ

そこに利息等の運用益が追加されます


利息に関しても運用益は非課税です

定期預金でも利息の20%は税金として取られますが

401Kは非課税の為課税されません



逆にデメリット

60歳以降しか受け取る事はできません

その為流動性は低い


加入するには会社が企業年金を行っていない証明が必要となります

401Kは一般的な知名度は無いので

「何ですかこれ?」

となる可能性は高い


投資である以上リスクも存在する



個人年金保険と違って、ある程度はインフレにも強いです

当然ポートフォリオ次第ですが・・・

でも過去の日本は1年定期でもインフレに対応できているデータもあるので

ハイパーインフレにならなければ大丈夫



もう少し細かいシミュレーション

年収400万円の独身サラリーマン

課税所得は150万で所得税5%、住民税10%の課税

積立金額は23000円、年間で276000円

全て利息0.1%の1年定期預金に投資


この場合、年末で276000円の定期預金資産が出来ます

年末調整で還付金13800円が戻ってきて

来年の住民税が27600円(月額2300円)少なくなる


※1年定期の利息は金額が小さすぎる為計算には含まず



( 2012/12/20 18:41 ) Category 節約方法 | TB(0) | CM(0)

賃貸の家賃は更新毎に減額交渉を 

更新日は単に無駄な家賃を払うだけではありません。

契約の更新なので、内容に不満があれば交渉が可能です


来年の1月で賃貸の更新日が来るのですが

55000円の家賃を2000円引きの53000円に減額に成功

年間で24000円分

固定費の減額はかなり大きいですね


年々建物は劣化していく以上、価値が下がるのは当然

土地価格が上がれば別でしょうけど、このご時世では可能性は低い

大家さん的にも、人口減少と高齢化で空室リスクは年々高まってきているので

古めの建物ならば比較的簡単に応じてくれると思います


チェックしておく事は同じ建物の入居募集広告

隣が空室になったら、賃貸の検索サイトで検索してみましょう

地域と築年数や形態で探せるかと思います

そこで募集金額が下がっていたら交渉材料となります


ただ交渉には良い入居者になる事も大切

毎月家賃入金を延滞していたり、近隣からクレームが来ていたりすると

歓迎される賃借人では無いので、交渉は難しくなります

どうせ支払う事には代わりないので、3ヵ月毎にまとめて支払い

とかすると大家さんからの信頼度UPと振込手数料も節約に


2000円の固定費削減は

相対的に考えると2000円の昇給と同じ

失敗してもリスクは無いので、お勧めします


( 2012/12/18 19:08 ) Category 節約方法 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

猫村たま

Author:猫村たま
貯蓄・節税・投資・節約・猫様が好きな30代前半のブログ
ブログ6年目になりました

お金関係は以下ブログに移転
良い家計のお金、悪い家計のお金

2014年5月
アメブロからFCブログへ引越

猫村家の家計管理法
保有資産

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。